メラニン色素は不要なもの?

若いころにしみが出来なかったのはメラニン色素がきちんと排出されていたからなのです。しかし年齢を重ねると肌のターンオーバーが正常に働かなくなり、メラニンをため込んでしまいます。それがしみとなって表れてくるのです。時にはそばかすとして現れる場合もあります。

 

メラニン色素はそんなしみやそばかすの原因ですから、不要なものだと考えられがちですが、実はそうでもないのです。

 

メラニン色素は何故出来る

 

紫外線や強い刺激によって肌は細胞を守ろうと防衛機能を発生します。通常刺激が取り除かれればメラニン生成も止まりますが、中にはメラニンがそのまま生成し続ける場合があるのです。

 

一般的にはメラノサイトの暴走とも呼ばれています。これが起こるとしみやそばかすがだんだん酷くなっていくのです。

 

何故メラノサイトは暴走を続けるのか

 

しみが出来ている人は、しみになっている箇所のメラノサイトが暴走しているからです。紫外線などで肌がメラニンを大量発生させた際、さらなるダメージが肌を刺激するとメラノサイトは暴走すると言われています。

 

通常肌細胞は大量のメラニンを抱えていますから、分裂能力が低下しています。ですから細胞分裂させて急速に表皮を厚くして皮膚を守ろうとします。しかしその細胞分裂した細胞はメラノサイトを作ることを目的とした細胞なので、メラノサイトの暴走ということになるのです。

 

やはりスキンケアは大切

 

メラノサイトの暴走もメラニン色素もそうですが、やはりスキンケアで日ごろからケアしてあげるのも大切です。
そしてメラノサイトの暴走を止めましょう。するとメラニンは正常な働きをしてくれますから、肌にとっては重要な役割をしてくれます。紫外線が皮膚内部まで届かなくしてくれ、体を守ってくれますから、不要なものではないということになります。

 

メラニンを悪者扱いする人が多いですが、実はそれは体を守っている証です。メラニンは体には必要不可欠なものなんですね。