メラニン色素が増える原因

メラニン色素は何故増えてしまうのでしょうか。しみやそばかすの原因と言われるメラニン色素は一度発生すると消えてくれないものなのでしょうか。実はそうでもありません。メラニン色素は規則正しい生活をしていれば剥がれ落ちてくれます。

 

ではどういった原因でメラニン色素は増えるのでしょうか。

 

女性ホルモンの影響

 

妊娠、出産した女性がその後黒ずみが気になるというのはよくある話です。それには女性ホルモンが関係しています。女性ホルモンのバランスが乱れると紫外線を浴びても肌の機能がうまく役立たずになり、黒ずみが発生するということになってしまいます。

 

紫外線の浴び過ぎ

 

紫外線の浴び過ぎによってメラニン色素が過剰になるということもあります。顔や手など洋服で隠れている場所は影響がありませんが、出ている場所には紫外線が延々と降り注いでいます。

 

一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素の生成が止まらなくなることもあるのです。紫外線を長時間浴びる生活を毎日続けていれば、メラニン色素は増えてしまいます。

 

不規則な生活を送っていると・・・

 

不規則な生活を送っていても、紫外線対策はばっちり!でもしみやそばかすが出来てしまう・・・という人は、不規則な生活そのものが良くありません。

 

肌は28日周期でターンオーバーをします。つまり肌のリセットです。そのターンオーバーが上手に出来ていないとメラニン色素は沈着したまま肌に残りますので、しみやそばかすの原因となってしまうのです。不規則なリズムの生活をまずは正すことから始めましょう。