しみ、そばかすのできる原因

しみとそばかすは本来は全く違うものです。それを一緒にして考えている人も多いようですが、実は全く異なるものですから対処法も異なります。

 

ターンオーバーの乱れ

 

しみはターンオーバーが乱れると現れるものです。皮膚内でメラニンという色素が発生し、しみとなるのですが、それは体内への紫外線のダメージをカットするためのものです。

 

新陳代謝の働きによりメラニン色素は剥がれ落ちる仕組みになっていますが、それがうまくいかずに色素新着してしまうケースがあります。この場合がしみとなってしまうのです。

 

日焼けによるしみや乾燥肌でのしみ、ニキビによるしみなど、しみにも色々な種類があります。手や背中などにもしみは出来ますから、夏場の紫外線が強くなる時期には気を付けたいものです。

 

そばかすの原因

 

そばかすは先天性が強いと言われています。もって産まれたものなので、なかなか治すことが困難かと思っていると、実は年齢を重ねるごとに薄くなるのが特徴となっています。

 

しかし紫外線を浴びることでそばかすは量が増えたり色が濃くなったりするので安心出来ません。紫外線をブロックする生活を日ごろから準備しておきましょう。

 

しみ、そばかすを消すには?

 

しみやそばかす、どちらにも関係しているものは紫外線です。紫外線を浴びるとメラノサイトという細胞からメラニンが発生され、肌が黒く変色します。その変色した肌をターンオーバーの乱れなどで排出出来なかった際にしみが出来たりそばかすが多くなったりするのです。

 

ですから紫外線対策をしっかり行っておくと大丈夫でしょう。日傘や日焼け止め、アームカバーをしっかりすることで日焼けによるしみは改善出来ます。またそばかすの場合はスキンケアで治るものではありませんから、一度皮膚科に相談しに行きましょう。