しみ・そばかす消す化粧品と口コミランキング@おすすめはどれ?

しみ・そばかす消すならビタミンC誘導体に決まり!

 

年齢を重ねるとしみやそばかすが増えていきます。これは仕方のないことなのでしょうか。しかし、ビタミンC誘導体と呼ばれる物質があり、それを含んだスキンケアを続けていると肌が白く生まれ変わると言われています。ビタミンC誘導体とはどのようなものなのでしょうか。

 

美白に効果を発揮する成分

 

メラニン色素の過剰分泌を抑える働きがあるのがビタミンCです。メラニン色素沈着を予防してくれるのですね。しみの発生予防から表面に出来たしみも薄くしてくれるのがビタミンCです。しかし、ビタミンCは肌に吸収されにくいため、ビタミンC誘導体と呼ばれる物質に変化させて肌に取り入れていくのが正しい方法となります。

 

しみそばかす消す化粧品ランキング

ビーグレンの特徴

ビーグレンのホワイトケアは、ビタミンCとハイドロキノンによりシミ・そばかすを消す化粧品になります。ハイドロキノンにより今あるメラニンを撃退し、ビタミンCによりメラニンを減らし抑制します。ビーグレンの魅力は、即効性があること、予防になること、両方兼ね備えている点です。当サイトより365日返金保証付の購入が可能です。

価格 1800円
評価 評価5
備考 ビタミンC・ハイドロキノン・モンモリロナイト

 

アンプルールの特徴

アンプルールは、今あるシミの撃退におすすめの美白化粧品になります。アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンに加え、2種のビタミンC誘導体がメラニンの抑制とシミ消しに集中的にアプローチします。アンプルールは、皮膚の専門家が開発した美白化粧品だから実感度が高く安心して使えるコスメとなっています。

価格 1890円
評価 評価4.5
備考 ビタミンC誘導体・ハイドロキノン・ヒアルロン酸

 

ディセンシア サエルの特徴

サエルは、ポーラとオルビスの共同開発により生まれたディセンシアブランドの美白化粧品になります。シミ・そばかすの原因となるメラニンの生成を抑制し、独自のホワイトサイクルシステムにより肌の美白をサポートします。ビタミンC誘導体を含むディセンシアオリジナルの美白成分が肌の透明感と白さを導きます。

価格 1480円
評価 評価4
備考 ビタミンC誘導体・エスクレシド・アルブチン

 

ビタミンC誘導体の種類

 

ビタミンC誘導体には種類があります。水溶性、脂溶性、新型ビタミンC誘導体などがあります。これらを上手に使い分けてお肌のケアをすると肌もそれにこたえてくれますから種類別のビタミンC誘導体を使うようにしましょう。

 

水溶性と脂溶性の違い

 

水溶性ビタミンC誘導体は通常のビタミンCと比較すると12時間の持続性、8倍の浸透力を持っています。即効性もありますから、しみやそばかすに悩む人はビタミンC誘導体の水溶性の入ったスキンケアコスメを使うことが最善ですね。

 

脂溶性ビタミンC誘導体は成分をクリーム、ジェル化したもので水溶性より浸透力が強いです。即効性に関しては水溶性より劣るものの、乾燥肌や敏感肌にも使いやすくなっています。

 

最高クラスは新型ビタミンC誘導体

 

また、新型ビタミンC誘導体というものはビタミンCの100倍ものパワーを持つとも言われています。安定性には欠けていますが、これは凄いことですね。

 

しかしながら美白のデータがそろっていませんから厚生労働省には認められていない物質となります。このようにビタミンC誘導体にも種類が色々あることが分かります。あなたのお肌にあうビタミンC誘導体のスキンケアコスメを探ししみやそばかす対策をしましょう。

 

しみそばかすの改善は化粧品に決まり!

 

しみやそばかすが気になるという人も多いでしょうが、諦める必要はありません。化粧品を使用することで、しっかりと消すことができるのです。

 

美白化粧品を使う

 

どのような化粧品を使っても、しみやそばかすを消せるというわけではありません。メラニン色素を抑えるための美白化粧品を使用する必要があるのです。

 

美白化粧品を使用することで、徐々にではありますが、しみやそばかすが薄くなっていきます。美白化粧品にもいろいろな種類があるので、自分の肌に合う最適な物を選ぶ必要があるのです。

 

化粧品は薬ではない

 

美白化粧品を使用すれば、短期間でしみやそばかすが消えるわけではないのですが、なぜなら化粧品は薬ではないからです。逆に短い時間でしみやそばかすが消えるような物があれば、逆に副作用が気になってしまうでしょう。

 

人によって差があるのですが、長期間使用することで改善されていくので、すぐに効果が出ないからと言って、短い期間で使用を止めてはいけません。ただし、肌に合わない場合には、即座に使用を中止しましょう。

 

情報収集を念入りに行う

 

しみやそばかすを消せるよい美白化粧品を使用するのであれば、まずは情報収集をしっかりと行いましょう。特に第三者の口コミや評価を確認することが重要です。

 

他にも自分の肌質などを熟知しておく必要があります。そうすることで自分にふさわしく、よりよい美白化粧品が選べるようになるでしょう。

 

しみそばかす発生の仕組み

 

しみやそばかすというのは、どのようにして発生するのでしょうか。このようなメカニズムを知っておけば、自然にしみやそばかすを予防する方法を知ることができます。

 

しみやそばかすの原因はメラニン

 

しみやそばかすが発生する原因というのは、メラニンという色素成分が関係しています。メラニンは、チロシンやチロシナーゼに反応して作られる成分です。

 

チロシンやチロシナーゼは酵素の1つでもあり、紫外線に反応して合成を繰り返します。そのため、第一に紫外線をきちんと防ぐことが、しみやそばかすを防ぐことに繋がっていくのです。

 

紫外線だけが原因ではない

 

しみやそばかすの原因はメラニンだということが分かったと思いますが、それなら紫外線予防をしっかりと行えば、しみやそばかすを予防することができるのかというと、そうではありません。

 

なぜなら紫外線だけがしみやそばかすの原因ではないからです。他にもストレスや食品添加物、そばかすの場合には遺伝も関係しています。

 

なぜしみやそばかすになるのか

 

しみやそばかすというのは、肌を守るためにできると言えるでしょう。なぜなら紫外線などの強い刺激を受けると、ケラチノサイトという角化細胞が肌を守れという指令を出すのです。

 

指令を受けたメラノサイトという色素細胞は、肌を守るためにメラニンという成分を生成します。そうすることで肌が黒くなるのですが、これは日焼けをすると肌が黒くなるのと同じ原理なのです。この繰り返しで肌が元に戻らなくなると、しみやそばかすとなります。

 

ビタミンC誘導体以外のしみそばかすに効く美白成分

 

しみやそばかすに効く美白成分はいろいろとあります。主な成分はビタミンC誘導体ですが、他にもいくつか存在しているので紹介します。

 

メラニンの生成を抑制するアルブチン

 

しみやそばかすを予防するためには、メラニンの生成を抑制しなければいけません。そのため、メラニンの生成を抑制できる成分を選ぶ必要があるのですが、その1つがアルブチンです。

 

アルブチンというのは、メラニンが黒くなる原因といわれているチロシナーゼの働きを抑制するので、美白化粧品などによく使用されています。しみやそばかすができてからよりも、できる前の予防に適した成分です。

 

医療機関でも使用されるハイドロキノン

 

アルブチン以外にも、ハイドロキノンという成分がしみやそばかすに効果的です。しかもハイドロキノンは皮膚科などの医療機関でも使用されているので、効果も十分あると思ってよいでしょう。

 

アルブチンのように、しみやそばかすができる前に使用できるだけではなく、できてからも使用が可能です。比較的強い成分なので、治療に用いるケースが多いと言えるでしょう。

 

メラノサイトへの指令を阻害できる成分

 

アルブチンやハイドロキノンというのは、メラニンを生成する酵素の働きを阻害する成分です。それに対してカモミラETやトラネキサム酸などの成分は、メラノサイトへの指令を阻害する成分です。

 

メラノサイトへメラニンを生成するように指令が出ると、肌が黒くなる成分を出すのですが、この指令を阻害することで、肌が黒くなるのを抑えることができます。

更新履歴